車えらびガイド 新車選びやカーライフを快適に過ごすアイデアを紹介します。

新車選び

試乗時のチェックポイントを解説!

クルマ選びは楽しいけど、実際にクルマのどこを比較したら良いのかわからない方は多いのではないでしょうか? 試乗では実際に見た目やインテリアはもちろん、運転のしやすさを含めたクルマとのフィーリングや日常生活での利便性を比較する必要があります。 そこで今回は試乗でお客様にチェックしていただきたいポイントをご紹介します。

登場人物

営業M
大阪ダイハツ東大阪店の営業スタッフ。入社4年目。お客様に楽しんでいただきながら、後悔のないクルマ選びをしていただけるように努めている。 大阪ダイハツ 東大阪店ページへ
Sさま
初めてのマイカー選びを楽しみにしているお客様。今日は初めての試乗に大阪ダイハツ東大阪店にやってきました。

出発前にチェックしたい7つのポイント

営業M

Sさまはお車にどのような機能をお求めですか?

Sさま

機能は安全なのが一番ですが、よく分かっていません。見た目やインテリアはしっかりチェックしたいです。座り心地とかも気になります。

営業M

そうですよね。見た目や座り心地はとても大事だと思います。 ただ、それだけですと、もしかしたら購入後にちょっと使いづらさや乗りづらさが出てしまうかもしれません。一緒に色々なポイントをチェックしていきましょう!

出発前のチェックポイントはココ!

  • シートの座り心地やフィット感
  • 運転席からの視界の見渡し
  • メーターの見やすさ
  • アクセルやブレーキの踏みやすさ
  • ドリンクホルダーやちょっとした収納性
  • スライドドアやドアの開閉
  • シートアレンジ

Sさま

シートアレンジまでは考えていませんでした…!

営業M

シートアレンジはフラットになるか、ご自身の用途に合うレイアウトになるかなどを見てもらえると良いです。 それと、運転席のシートリフターは全ての車種に標準装備されているわけではないので、要チェックですよ。

Sさま

私はシートの高さも調節したいので、シートリフターのついているグレードを選ぶようにした方が良いですね。

営業M

そうですね。その他にも、クルマの操作方法などをしっかりご確認いただいてから出発します。例えば、現行の主なダイハツ車の方向指示器は軽くタッチすればウィンカーが3回で消える「ワンタッチターンシグナル機能付き」なので、車線変更の時に便利です。

Sさま

運転する前にもチェックしておくべきポイントは色々あるんですね。

営業M

試乗車が来たらすぐ乗って運転してみるのも良いですが、これらのポイントも気にしていただければ購入後にガッカリしたり…ということを防げますよ。

試乗時のチェックポイント

営業M

では、実際にクルマに乗ってみましょう!

Sさま

はい!どんな乗り心地なのか楽しみです。あの、実は私ペーパードライバーで運転に不安があるんですが、大丈夫でしょうか・・・。

営業M

私が助手席に乗って案内しますし、試乗は運転のしやすいルートを選ぶので大丈夫ですよ。運転してみて、無理だと思われたら、途中で私が運転を代わることもできますので、安心してください。

Sさま

そう聞いて安心しました!では、チャレンジしてみます!

営業M

試乗では運転のしやすさや車内環境を見ていただきたいです。 運転中なので気をつけてくださいね。

試乗時のチェックポイントはココ!

  • ハンドルの操作性
  • 走行中の見渡し
  • 車内に聞こえる騒音やエンジン音
  • ブレーキの効き
  • 揺れや衝撃の感じ具合
  • 駐車や細い道の走行のしやすさ

Sさま

確かに駐車や細い道で走りやすいかは重要です!

営業M

ダイハツ車は見渡しの良さやアラウンドビューモニターでの駐車のしやすさなどにはとても良いお声をいただいているので是非体験してみてください。

Sさま

走行中の騒音や振動も全然気にならないですね!

営業M

ダイハツ車はボディの骨組がしっかりしていて、無駄な振動が車内に伝わりにくい構造になっているんです。 これは実際に試乗していただいたからこそ、分かることのひとつです。

Sさま

1日に何台も試乗して比較することもできるんですか?

営業M

店舗に試乗車があれば複数台試乗いただけます。大体1台の試乗で10分~15分のお時間をいただきます。 もし気に入ったクルマがあって、グレードの比較をしたい場合やカラーを比較したい場合は他店からクルマを運ぶ必要があります。その際は後日試乗になることがあります。

Sさま

じゃあじっくりと選びたい人でも安心ですね。

営業M

事前にお電話いただいた方が確実ですが、気が向いた時にお立ち寄りいただいても大丈夫です。 大きなお買い物ですから、しっかりご検討いただいた上で、ご縁があればダイハツ車を選んでいただけたらと思います。

終わりに

クルマ選びは楽しいですが、クルマの比較はポイントを知らないと難しいところもあります。 見た目やフィーリング、そして購入後も快適にクルマに乗れるように、ぜひ試乗を上手く活用してください。 まずは試乗してみよう